低体温は美容の大敵!そのメカニズムと体温の上げ方

ご自分の平熱、ご存知ですか?

普段の平熱が36度以下だと、美容に加え健康面でも悪影響を及ぼします。

しかも、36度以下の場合は全身が冷えていることが多く

自覚症状がないため、気付きにくくなっています。

 

体温が低いと、内臓温度も低く新陳代謝も衰えます。

新陳代謝が衰えると、何も良いとこはありません(≧ヘ≦)

 

免疫力が下がる、むくみが出たり、便秘気味になったり

汗をかかなくなるので、身体の毒素を排出することもできません。

すると・・・肌は肌荒れを起こしたり、くすんだり、シミも増えてきて

美容・健康面でさまざまな悪影響が起こります(/ω\)

そのまま放っておくと、月経トラブルだけでなく、不妊の原因にも!

低体温とは、身体の老化にもつながっていきます。

 

 

美容・健康面を改善するには、まずは自分の平熱を知ること!

ということで

☆正しい平熱の計り方をご紹介します☆

 

体温は朝・昼・夜とでは少し差があります。

その中でも、最も活動する昼は最も体温が高くなりやすいため

自分の本当の平熱を知るためには

健康時の朝と昼と夜の一日3回、体温を計り

その平均値が自分の本当の平熱となります。

 

 

美容・健康美人になるためには36.5度以上が理想的!

最も健康的で、免疫力が高い状態です。

体温が高いと、血の巡りがよく

血行の良いツヤ肌美人になります♪

 

また、基礎代謝が上がるために太りにくく

新陳代謝も活発になります☆

 

ちなみに女性には、月経に関係する高温期と低温期があるため

ずっと同じ体温でいようとしないでください。

 

 

☆体温を上げ、保つ方法☆

 

お風呂につかる

お風呂に入ると身体が温まるのはもちろん、リラックス効果もあるので

自律神経が整い、体温調節ができる身体になれます♪

10分以上湯船に浸かると、約1度体温が上がるといわれています。

できるだけ毎日湯船に浸かり、体温調節ができる身体を維持することが大切です☆

 

補正下着や身体を締め付ける服はさける

補正下着やサイズの合っていないきつめの服は

血液の循環を悪くし、老廃物を溜め込んでいる恐れがあります(>ε<; )

長時間着用せず、リンパの流れを良くし老廃物を排出しましょう☆

 

エアコンによる冷えすぎに注意

過度に身体を冷やすのは絶対にNGです。

内臓まで冷えてしまいます。

室内や外出先のエアコンで身体が冷えそうなときは

カーディガンやストールを使って身体を冷やしすぎないよう心がけましょう☆

 

食生活にも気を付ける

南国の食べ物には体温を下げる作用があります。

低体温が気になるときは、南国のフルーツや野菜は避けるようにしましょう。

また、冷たい飲み物やアイスクリームも身体の中から体温を下げます。

飲み物は常温や、氷なしなど身体を冷やさないよう心がけましょう☆

 

体温が1度違うだけで、身体の働きには大きな変化が現れます。

日々の生活の中で身体を冷やしそうなことは、できるだけ避け

体温を上げる・保つよう意識することで

肌ツルツル、身体も元気の美容・健康美人になりましょう((o(^-^)o))

 

美容・健康美人になるための情報が満載♪
↓今すぐチェック(≧∇≦)↓

人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ