肌を老化させる紫外線は2種類ある!この二つを知って紫外線をブロックしましょ♪

肌老化の80%は紫外線の影響

と米国皮膚科学会では考えられています。

紫外線、恐ろしすぎますね(/ω\)

逆にいうと、しっかり紫外線対策をしていると

見違えるような歳の重ね方ができるということですね○´艸`) 

今回は、美容と深くかかわる紫外線について簡単に解説していきます☆

スポンサーリンク

肌に影響を及ぼす紫外線は2種類ある

2種類と聞くと『???』と疑問を抱くかもしれませんが

UV-A、UV-Bのことです。

聞き慣れている方も多いのではないでしょうか?

この2種類がどのようにして肌を老化させるのか・・・

UV-Aとは

UV-Aは生活紫外線とも呼ばれ

地上の紫外線の9割を占めます。

この紫外線は波長がとても長く、

浴びると真皮中層(肌の奥深く)まで到達します。

買い物、お散歩、ゴミ捨てなど日常生活の何気ない間に浴び続けることで

メラノサイトが活発になり、肌の黒化(肌が色黒になる)を起こします。

また、真皮に存在する肌のハリや弾力を維持する働きをもつ

コラーゲン繊維やエラスチン線維を破壊し、シワやたるみの原因にもなります。

 

この紫外線は雲やガラスも通り抜けます。

そのため曇りの日や、日が差す室内でも紫外線対策をしましょう!

 

日焼け止めクリームなどに表示されている『PA』が

例)PA+++

UV-Aをブロックする指標です。

 

UV-Bとは

UV-Bはレジャー紫外線とも呼ばれ

海や山など炎天下での活動で浴びやすい紫外線です。

波長は短く、おもに肌の表面にダメージを与えます。

この紫外線はエネルギーがとても強く

散乱性が高いため、あらゆる方向から肌に届きます。

肌表面の細胞に直接ダメージを与え肌を赤く炎症させたり

肌荒れ状態を起こしたりします。

また、シミやそばかす、日焼けの原因になります。

 

この紫外線は雲やガラスはほとんど通しません。

 

日焼け止めクリームなどに表示されている『SPF』が

例)SPF24、SPF50

UV-Bをブロックする指標です。

 

まとめ

紫外線にはUV-AとUV-Bがあり、

それぞれが肌に大きな影響を与えます。

美容では紫外線対策は必須です。

ちょっとした外出でも日焼け止めや帽子、日傘などで紫外線対策をしましょう☆

 

日焼け止めもスプレータイプやクリームタイプなど

色々なアイテムが出ているので

無理なく簡単に使い続けられるものを見つけると

日々の紫外線対策がグッと楽になりますね♪

 

☆雑記☆

完全にわたくしごとなんですが、

あ、『わたくしごととか興味ないし。』っていう方はスルーしてね(/ω\)

 

私、お気に入りの神社があってよくお参りするんです。

早朝に往復1時間30分かけてww

 

そこは地域の氏神様的な神社で敷地も広くて、

休日は長い参道に屋台とかも出るような

けっこう賑わっている神社なんです。

 

そこに行くと気分が晴れやかになるような気がして好きなんです♪

日頃、発散できなかったモヤモヤがス~っと無くなる感じ(´ω`*)

 

気分を晴々させたいときは一人で行きたいので

いつも息子と主人が寝静まっている早朝5時半に家を出発します。

徒歩でw

私、免許もってないからw○´艸`) 

『運動♪運動♪』って自分に言い聞かせてるww

 

朝の爽やかな空気も相まって、とっても気持ちがいいんです♪

だから今までけっこうな回数行ってたけど

先日、初めての場所を発見しました。

奥まった細い道を進むと・・・


水が湧き出てたーヽ(´▽`)ノ

さらに奥に進むと『神の池』という小さな池があったー!

その池に金色の鯉と、錦鯉が優雅に泳いでたー!

そして神の池に見とれて写真を撮り忘れたー!

ww

 

細い道の入り口っぽい所に案内板が立っていたので読んでみると

神の池は、この神社の発祥の地とされる場所のようでした。

 

なぁーんて素敵な場所なんでしょう○´艸`) 

ものすごくテンションが上がった出来事・・・

っていう、わたくしごとでした。

 

ちゃんちゃん♪おわりー(´▽`)ノ

 

ブログランキングに参加しています。

呼んだよ☆のしるしにそれぞれ

クリックして頂けると嬉しいです(o^-^o)

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ