洗浄料を選ぶ際に知っていると役立つ分類

汗や皮脂、メイクを落とす時など毎日のように洗浄料を使いますが

その洗浄料には様々な特徴があります。

今回は洗浄料を選ぶときの参考になるよう

わかりやすく分類毎に分けてみようと思います♪

汚れの種類による分類

こちらは肌に付着する汚れの種類による分類です☆

洗顔料

汗や皮脂や お湯で簡単に洗い流せるメイクなど

軽い油汚れを取り除くための洗浄料です。

濃いメイクなど強い油汚れは 落ちにくいです。

洗顔料の具体例

固形石けん

洗顔フォーム

ボディーソープ

シャンプー

 

クレンジング料

ウォータープルーフのメイクや日焼け止めなど

耐水性が高い油汚れを取り除く洗浄料です。

濃いメイクなど耐水性の高い油分を取り除くため

油を取り除く作用を高くしています。

クレンジング料の具体例

クレンジングジェル

クレンジングミルク

クレンジングクリーム

クレンジングオイル

クレンジングバーム

 

汚れを落とす方法による分類

こちらは肌に付着した汚れの落とし方による分類です☆

界面活性剤型

洗浄料に含まれる界面活性剤が油汚れを包み込み

肌から浮かせて洗い流します。

一般的にもう一方の溶剤型と比べると

油を取り除く作用が弱いものが多いです。

 

たまに、”界面活性剤は悪い物”として紹介しているサイトを目にしますが

そんなことはありませんよ。

界面活性剤とは水と油を混ぜる時に役立つ成分で

水分と油分で構成されている乳液や美容液やクリームなどの

基礎化粧品にも使われています。

界面活性剤型の具体例

軽い油汚れには

固形石けん

洗顔フォーム

ボディーソープ

シャンプー

 

ウォータープルーフなど耐水性の高い油汚れには

水性クレンジングジェル

 

溶剤型

洗浄料に含まれる油と メイクなどの油汚れを混ぜ合わせて洗い流します。

一般的にもう一方の界面活性剤型と比べると

油を取り除く作用が強いものが多いです。

溶剤型の具体例

ウォータープルーフなど耐水性の高い油汚れには

油性クレンジングジェル

クレンジングミルク

クレンジングクリーム

クレンジングオイル

クレンジングバーム

 

溶剤型は油を取り除く作用が高いため

軽い油汚れ用は基本的にはありません。

 

まとめ

洗浄料を汚れの種類による分類と

汚れの落とし方による分類に分けてご紹介しました!

 

簡単に言いますと、スッピンやナチュラルメイクなど

耐水性の低い汚れは石けんや洗顔フォームなどの洗浄料で

ウォータープルーフの日焼け止めや 濃いメイクなど

耐水性の高い汚れはクレンジング料で落としましょう

という内容です☆

洗浄料を選ぶ際の参考になると幸いです♪

 

☆雑記☆

先日、ばばちゃんにお医者さんセットを買ってもらいました。

外食中に息子が大人しくできるよう お医者さんセットを持参!

お料理が来るまで楽しそうに遊んでくれてるー!


 

というか、お料理が来ても楽しそうに遊んでるー;


 

ほらほら、ご飯食べてからオモチャで遊ぼう。

・・・って何度言っても遊んでるー;


しまいには喉に注射をする始末(笑)

喉注射ってどんな状況よ!?

 

ツッコミどころ満載で笑えた平和な日でしたー○´艸`) 

 

ブログランキングに参加しています。

呼んだよ☆のしるしにそれぞれ

クリックして頂けると嬉しいです(o^-^o)

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ