石鹸と洗顔フォームの違いとそれぞれの特徴

 

薬局やコスメショップ、ネット上など

世の中には溢れるほどたぁーくさんの

洗顔料がありますね。

 

何となく口コミやCMなどを見て

洗顔料を選んでいるけど

私が使っている洗顔料って

いったいどんな物?

肌に対して、どんな作用があるんだろう?

 

なんて考えた事、ありませんか?

今回は世の中に溢れる洗顔料の種類と違い

その大まかな特徴をご紹介します♪

 

スポンサーリンク

洗顔料の種類

世の中にはたっくさんの洗顔料がありますね。

泡で出るタイプや、パウダータイプ

固形タイプに、液体タイプ

化粧も落とせる洗顔料や、ニキビを予防するもの

敏感肌向けや脂性肌向けなど

挙げていけばキリがない!

 

そんなたっくさんの種類がある洗顔料ですが

大きく2つのタイプに分けられるのです。

それは、

洗顔石鹸

 

洗顔フォーム

 

石鹸と洗顔フォームの違い

この2つの違いで

まず思い浮かぶのは形状ではないでしょうか?

 

石鹸は固形で

洗顔フォームは液体やクリーム、泡アワ。

って○´艸`) 

 

実は違うんです。

石鹸と洗顔フォームの違いは

その洗顔料の成分です。

 

そのため、固形の洗顔料なのに

”洗顔フォーム”と呼ぶもの、

液体や粉末ないのに

”石鹸”と呼ぶものもあります。

 

石鹸と洗顔フォームの見分け方

洗顔フォームは割と分かりやすいかな~♪

と思います。

商品パッケージに

”洗顔フォーム”と書かれているものって多いですよね♪

 

とは言いつつも、

”石鹸”とも”洗顔フォーム”とも書かれていない物や

固形だけど・・・これは石鹸?

というものもあります。

 

そんな時に参考になるのが

やはりその洗顔料の成分です。

 

パッケージの裏面に

小ぃ~さい字でカタカナやら英数字やらで

成分が書かれていますよね。

『見る気がしないわぁ(;´∀`)』

って方も多いかとは思いますが

・・・

見てみて下さい(/ω\)!

 

洗顔フォームの成分は

商品によって本当に多種多様なので

ここでは石鹸の見分け方を書きます。

 

石鹸の成分

石鹸は

油性成分(油脂や脂肪酸)

アルカリ性物質

(水酸化Naや水酸化K)

を反応させて作ります。

 

・・・

ややこしい事は置いておきますヽ(´ー`)ノ

 

 

つまり、石鹸には

以下のような成分が配合されています。

※以下の全てが配合されているわけではありません

ミリスチン酸Na

パルミチン酸Na

ステアリン酸Na

イソステアリン酸Na

オリーブ脂肪酸Na

パーム脂肪酸Na

 

ミリスチン酸K

パルミチン酸K

ステアリン酸K

イソステアリン酸K

オリーブ脂肪酸K

パーム脂肪酸K

など。

 

または

石ケン素地

カリ石ケン素地

 

 

『やっぱりこんなややこしい成分、

見る気がしないわぁ(;´∀`)』

なんて思っ・・・

ちゃいますよねぇヽ(´ー`)ノ

 

実はもう1つ、

石鹸と洗顔フォームを見分ける方法があります。

 

製造方法

その洗顔料が石鹸であるかを見分けるには

製造方法を確認してみるのも

一つの方法です。

 

石鹸は中和法または、

けん化法という方法で

成分を反応させて

その後、機械練り法または、

枠練り法で成型します。

 

なので製造方法を商品パッケージや

商品サイトで確認し

”中和法または、けん化法

機械練り法または、枠練り法

で作りました”

などの記載があれば

それは石鹸です。

 

石鹸と洗顔フォームそれぞれの特徴

次は、それぞれの特徴を大まかにご紹介します♪

石鹸の特徴

石鹸は配合される成分の特徴上、

洗浄力が強く

洗い上がりが、良く言えば”サッパリ”

悪く言えば”ツッパリ”やすいです。

 

ただし、これも全ての石鹸に当てはまるわけではなく

中には洗い上がりが”しっとり”する物もありますが

比較的サッパリ、ツッパリしやすい物が多いです。

ココを詳細に説明すると

ものすごく長文になるので

また改めて別の記事でご紹介します!

 

 

それから、これまた成分の特徴上、

美白成分や美容成分、うるおい成分など

魅力的な成分を配合することが中々難しいです。

『余計なものは付けたくない!』と考える方や

化学物質よりも自然派を好む方には、

逆にこの特徴が魅力だったりもします。

 

そして石鹸には長い歴史があり

日本で初めて登場したのは1606年(江戸時代初期)です。

当時の石鹸は今とは異なりますが

今現在も”石鹸が存在する”のは

長い間『安全・安心』と信頼されてきたからです。

 

洗顔フォームの特徴

洗顔フォームには

本当に様々なタイプの物があります。

なぜここまで色んなタイプの

洗顔フォームが作れるかというと

こちらも石鹸同様、配合する成分に特徴があるからです。

 

美白や美容成分、うるおい成分や

ニキビを予防する成分、

洗い上がりがしっとりする物や

もちもち泡を作れる物、

弱酸性など肌に優しい物もあれば

石鹸系と同じく洗浄力が強い物まで

本当に上げればキリがないくらい

色んな洗顔フォームがあります。

 

なので自分の肌の状態や洗い上がりの好みで

洗顔料を選ぶことができます。

 

まとめ

”美肌は洗顔から”と言われるくらい

(日本化粧品検定協会の代表理事の方が言ってました○´艸`) )

日々のスキンケアで洗顔はとても大切です。

『なんか興味わいてきたわぁー!』

って感じになったら

お手持ちの洗顔料が石鹸なのか

洗顔フォームなのかチェックしてみて下さい♪

 

☆雑記☆

この前実家に帰省した時の一コマ。

私、お風呂から上がってリビングに戻ると

トレーニングに励む息子がいました(笑)


どうやら自分で乗って

腰をフリフリ動かしていたようです。

ポッコリお腹が気になってるのかしら?

大丈夫よ、そのお腹がまた可愛いんだからっ!

(親ばか炸裂(笑))

子供にとっては何でもオモチャになるんだね(*´∇`*)

 

ブログランキングに参加しています。

呼んだよ☆のしるしにクリックして頂けると嬉しいです(o^-^o)

↓ ↓ ↓


スキンケア ブログランキングへ

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ