朝のスムージーが日焼けの原因に!?

夏の爽やかな朝にはフレッシュな野菜やフルーツがとてもよく合いますよね。

サラダにしたり、スムージーにしたり、ヨーグルトに入れたりと

レパートリーも豊富で美容のために

朝食に取り入れることも多いのではないでしょうか。

我が家の朝もスムージーがスタメンです。

 

そんな朝の定番とも言える野菜やフルーツですが

取り方を間違えると日焼けの原因になってしまうのです。

 

その理由は・・・

野菜やフルーツの中には、ソラレンという成分を多く含むものがあります。

ソラレンとは日光を浴びると日焼けの原因となる

メラニン色素の分泌を活発にする成分です。

 

とくに摂取後2~5時間は日光に反応し

メラニン細胞が大量に分泌されます。

その分泌量はソラレンを摂取していない場合の約2倍!!

という事は・・・日焼け具合も約2倍!!!

しかも、摂取したソラレンが排出されるまでは7時間ほどかかるといわれています。

朝食に食べると、長~い間日焼けをしやすくなってしまいますね。

 

そんな事態を回避するために、朝食には避けた方がよい食べ物は・・・

ソラレンを多く含む食べ物

柑橘類(オレンジ、レモン、グレープフルーツなど)

キウイ

イチヂク

せり科類(パセリ、セロリ、シソなど)

きゅうり

じゃがいも

 

ソラレンが少ない食べ物

スイカ

ぶどう

リンゴ

バナナ

いちご

根菜類(大根、ゴボウなど)

かぼちゃ

レタス

小松菜

ほうれん草

 

 

日焼けを防ぐためには野菜やフルーツは

適切なタイミングで摂取することが重要です。

ソラレンを多く含むものは夕方以降に摂取すると

さほど気にせずに過ごせますね。

 

とは言いつつも・・・

朝のオレンジは外せない!!など

色んなこだわりはあると思います。

実際のところ、食べ物に含まれるソラレンの量は

すごく多いわけではないので食べ過ぎに注意したら大丈夫です。

食べ過ぎ目安は、ソラレンたっぷり500mlスムージーが2杯程度。

海のレジャーなど強い日差しを浴びる前はできるだけ避けましょう。

もし食べてしまった場合は、いつも以上に

日差しには気を付けながら夏を楽しみましょう♪

 

↓ランキングに参加しています。

ワンクリックで応援して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ