コントロールカラーの選び方

下地メイクをする時、コントロールカラーって使っていますか?

コントロールカラーを上手に使いこなせると

メイクの仕上がりが一段と良くなります♪

 

『自分は何色のコントロールカラーを使ったらいいのかな?』

って迷ったことあります?

美容の勉強を始める前の私はそんな感じでした(/ω\)

コントロールカラー選びが難しすぎて手にも取らなかったです。。。

 

今回は以前の私のようにコントロールカラーの選び方が分からない方へ

色別コントロールカラーの特徴と解消できる肌悩みを簡単にご紹介します☆

スポンサーリンク

コントロールカラーの役割

コントロールカラーとはシミやくすみ、肌の赤みや目の下のクマなど

様々な肌の色ムラをカバーするメイクアイテムです。

コントロールカラーで色ムラを無くすことで

肌が明るくなったり、キレイに見えたりと良いこと尽くしです♪

 

コントロールカラーの選び方

色別にそれぞれの特徴をご紹介します。

コントロールカラー選びの参考にして頂けたら幸いです☆

 

ピンク

ピンクのコントロールカラーは血色のよい肌に見せたい時におススメです。

貧血気味で青白い肌になりやすかったり

色白さんで血色があまりない時などに使えます。

顔全体に使えるカラーです。

 

イエロー

イエローのコントロールカラーは肌のくすみが気になる時におススメです。

健康的な肌色に微調整してくれます。

肌のくすみが気になる時は顔全体に使えますし

シミやクマなど一部分が気になる時は部分使いもできる万能色です。

 

グリーン

グリーンのコントロールカラーは赤みをカバーしたい時におススメです。

赤ら顔やニキビ跡の赤み、小鼻の赤みなど強い赤みをカバーしてくれます。

”少し赤みが気になる”程度であればイエローがおススメです。

グリーンは赤みの気になるところに部分使いしましょう。

 

オレンジ

オレンジのコントロールカラーはくすみ感がより強い、茶色くくすむ時におススメです。

クマやたるみなどの影をカバーしたい場合にも使えます。

くすみや影が気になるところに部分使いしましょう。

 

パープル

パープルのコントロールカラーは透明感を出したい時におススメです。

澄んだ透明感を出しつつ、程よく血色も与えてくれます。

華やかなエレガントな肌にしたい場合は顔全体に使えますし

目元やあごで部分使いすることで艶っぽく見せることもできます。

 

まとめ

化粧ノリが良く、肌をキレイに見せるために

スッピンお肌の美容を気にするのはとっても大事なことですが

簡単にメイクでカバーできちゃう場合もあります♪

コントロールカラーを活用して美肌に見せるのも

素敵な美容テクニックですね○´艸`) 

 

☆雑記☆

子供は大人の真似をするってよく聞きますが

本当にその通りですねぇ~。

先日の息子の行動、完全にパパを真似ていましたw

 

息子:『これ、タバコ~』


鉛筆を加えてますw

 

息子:『行ってき~ます!』



主人はタバコを吸う時、いつも外に出るのでそれを真似てるんだろうな・・・

でもおしい!パパはタバコをくわえながら歩かないよw

 

息子:『あっ、忘れ物~』


出勤前の主人がよく『忘れ物~』って言いながら戻ってくる・・・そっくり!

だけどタバコを吸うために外に出るときと

出勤で外に出るときが息子の中で混同してるw

 

息子:『いってきま~す!』


無事忘れ物を見つけてまたドアを出ていきましたw

ちなみに、息子が取りに来た”忘れ物”はサスペンダーでした○´艸`) 

 

タバコに見立てた鉛筆とサスペンダーを持って

彼は一体どこへ行くんでしょうね(´ω`*)

 

そんな息子は、毎朝出勤する主人を玄関先で見送り

玄関のドアが閉じた瞬間に『パパ遅いね~』って言いますw

いやいや、今行ったばっかりw

毎朝ひと笑い( *´艸`)プププ

 

ブログランキングに参加しています。

呼んだよ☆のしるしにそれぞれ

クリックして頂けると嬉しいです(o^-^o)

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ