顔用洗浄料の特徴

先日のクレンジングセミナーで学んだお話♪

洗浄料が顔用や体用など部位ごとに分かれているのは理由があります。

今回は、顔用の洗浄料の特徴を簡単にご紹介します♪

 

顔用洗浄料の特徴

  • 口の中に入ることもあるため、安全性だけでなく味や香りも考慮されている

    例えば、苦ーい成分や いかにも薬品のような臭いがする成分などは避けたり

    好まれやすい香料で香りづけされている物も多い

  • 汚れの種類に応じて様々な洗顔料が開発されている

    石けんや クレンジング ポイントメイク用クレンジングなど

  • 好みで選択できるよう 様々なタイプや洗い上がりが開発されている

    石けんやフォーム、クレンジングオイル クレンジングジェル

    しっとりタイプや清涼タイプなど

 

スポンサーリンク

まとめ

顔用の洗浄料には様々な種類がありますが

それらは味や香り 好みなど色んな事が考慮されて開発されています

というお話でした♪

 

☆雑記☆

ウチの息子、数種類のパンを食べるときは

1個を食べきらずに アレもコレもと手を付け

複数のパンを同時進行で食べ進めていきます。

 

先日も アレもコレもとパンを食べていた息子。

ひと口かじったパンを一旦お皿に戻そうとしたけど置き場に困ったか!?


お皿のふちに引っ掛けている(笑)

斬新!!

 

その引っ掛けた小さいパンを置くスペースは十分にあるけど

お皿一面に広がっているチョコが付くのが嫌だったのか??

 

アングルを変えてもう一枚


斬新!!(笑)

 

頭の中を覗いてみたいわ~○´艸`) 

と思った平和な昼下がりでしたー♪

 

ブログランキングに参加しています。

呼んだよ☆のしるしにそれぞれ

クリックして頂けると嬉しいです(o^-^o)

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ