乾燥肌に優しいクレンジングは植物オイル!メイクの落ち具合も実験してみました☆

オリーブオイル

乾燥肌だからクレンジングの刺激が気になる。

乾燥肌に優しいクレンジング方法って何だろう?

と思ったことはありませんか?

 

乾燥肌は外部刺激を受けやすい状態になっています。

クレンジングは、スキンケアの中でも

もっとも刺激が強く

他の肌タイプ以上に、細心の注意が必要になります。

そこで今回は!

乾燥肌に優しいクレンジングと

実際にメイクの落ち具合を試した結果を書いていきます☆

 

スポンサーリンク

 

それでは早速、いってみよー(´▽`)ノ

乾燥肌クレンジングで気を付けること

乾燥肌に摩擦と刺激はNGです!

 

強い力で肌をこすると

肌表面の角質層がはがれ

NMF(天然保湿因子)や細胞間脂質などの

保湿成分が流れていきやすくなります。

クレンジングなど

肌が濡れた状態では

角質層がふやけていて

簡単にはがれてしまうため注意が必要です。

 

また、クレンジング剤には

多くの界面活性剤が含まれています。

界面活性剤は、水と油をなじませる性質があり、

メイク汚れを含んだクレンジング剤(油)を

水で洗い流すためには必要な成分なのですが

メイクや皮脂汚れと一緒に

必要な保湿成分まで洗い流してしまうため

肌へのダメージが大きくなります。

 

肌へのダメージを減らすには

ウォータープルーフなど

洗浄力の強いクレンジング剤でしか

落とせないような化粧品は使わず

お湯で落とせるマスカラや、

薄いベースメイクなど、石鹸でも落とせるメイクにし

できれば、クレンジング剤を使わないのが理想です(/ω\)

 

石鹸の役割は、ホコリや皮脂汚れを落とすことですが

実は、石鹸にも界面活性剤が含まれているため

薄いメイクであれば落とせます。

(石鹸に含まれる界面活性剤は、クレンジング程多くはないので

クレンジングより石鹸の方が、断然肌には優しいですよ(*´∇`*))

 

ですが、『石鹸とはいえ界面活性剤が含まれているのは、やはり気になる(≧ヘ≦) 』

という場合は、肌に優しい成分で作っている石鹸もあります!

『合成界面活性剤』や、『石油系界面活性剤』、『界面活性剤』の不使用

または、フリーと表記されているものは

肌に優しい成分で作られた石鹸なので

選ぶ際にチェックしてみましょう☆

 

しっかりメイクを落とすには

薄いメイクが肌には良いと分かっていても

『しっかりメイクをしなければならない!』

という事もあるかと思います(´・ω・`)

 

そんな時のポイントは

いかにダメージを抑えてメイクを落とすか!です。

 

しっかりメイクをしているけど

肌の事を考えて

刺激の少ないミルクタイプや

クリームタイプのクレンジング剤を使って

中々メイクが落ちず、肌をゴシゴシ擦ってしまっては本末転倒です。

 

何度も言いますが

摩擦と刺激はNGです!

 

しっかりメイクを落とす際は

特にメイクの濃い目元と、ベースメイクに分けて落としましょう。

 

まず、ポイントメイクを落とす

メイクが濃い部分は、

洗浄力の弱いクレンジング剤で

長時間クレンジングするより

ある程度、洗浄力のあるポイントメイク用クレンジング剤で

サッと短時間で落としてしまった方が

肌には優しいです。

 

コットンにたっぷり含ませて

メイクの濃い部分に軽くあてるだけで

簡単に落とせる物もあり

さほど手間にはならないので

ぜひ、活用することをおススメします(´▽`)ノ

 

ポイントメイク用など、洗浄力が強いクレンジング剤は

顔全体のメイク落としには使わないでくださいね!

(刺激がハイパーMAXなので∵ゞ(≧ε≦o)!←ハイパーとか死語!?(笑))

 

次に、植物オイルを活用する

『植物オイル!?』

なんて思われたかもしれませんね。

はい、あの植物オイルですヽ(´ー`)ノ

 

メイクも油性、オイルも油性。

オイルがメイクに馴染んで落とせるんです(´▽`)

 

メイク落としにおススメの植物オイルは

オリーブオイル

オリーブオイルは”オレイン酸”という成分を含んでおり

これは、皮脂や母乳にも多く含まれている成分なので

肌なじみがとても良いです☆

メイク落としに使うオリーブオイルは

食用であれば”エクストラバージン”のものを

食用に抵抗がある場合は、

薬局に売っている”オリブ油”がおススメ☆

これらは、精製度が高いため

油焼け(シミ)や劣化を招きにくいです。

 

グレープシードオイル

これは、ブドウの種子から作られるオイルで

サラサラして、肌なじみもよく

使いやすいオイルです。

ビタミンEやポリフェノールなどの

美容成分を豊富に含んでいて

血行促進や、アンチエイジングの働きもあり

美容に嬉しいオイルです。

 

植物オイルのクレンジング方法

肌にとっても優しい植物オイルのクレンジング方法をご紹介します☆

植物オイルには、水と油をなじませる

界面活性剤は含まれていないので

しっかりオイルを洗い流すのがポイントです!

 

クレンジング方法

  1. 手のひらに大さじ1杯程のオイルを出す

  2. 両手をすり合わせて、しっかりオイルを温める

    手のひらで温めることで、より肌になじみやすくなります。

  3. オイルを顔全体に塗り、クルクル円を描くように3~4分ほど優しくメイクとなじませていく

    無意識に力が入りやすいので、優し~く。優し~く。

  4. キッチンペーパ(ティッシュでもOK)を顔にかぶせて、オイルを吸わせる

    キッチンペーパーでオイルを吸わせると、その後の洗顔でオイルを落としやすくなります。

  5. 石鹸や洗顔料で洗顔する

    たっぷり泡立てて、32度~34度のぬるま湯で優しく洗いましょう。

 

その後は、いつものスキンケアに移ります♪

植物オイル洗顔をするときは

手の水分はふき取っておきましょう(´▽`)ノ

(水分があると、メイクとなじみにくくなるよーヽ(´ー`)ノ)

 

メイクの落ち具合をチェック!

植物オイルクレンジングがどの程度落ちるのか

実際に手の甲で試してみました(´▽`)ノ

(オリーブオイルで試したよ☆)

オイルクレンジング1-1

手の甲に、マスカラ、BBクリーム、

アイシャドウ、アイライナーを塗ってみました☆

どれも、ウォータープルーフではありません。

(ウォータープルーフ、持ってませんでしたー(;´∀`))

オイルクレンジング2-2

手の甲にオリーブオイルを垂らしてクルクル。

クルクル。クルクル。クルク・・・。

アイライナー、落ちない。

(´・ω・`)

オイルクレンジング3-3

キッチンペーパーでふき取ると、こんな感じです。

アイライナー、くっきり残ってますね(/ω\)

 

石鹸で洗ってみます。

 

オイルクレンジング5-5

アイライナー、落ちた・・・。

これは・・・

オリーブオイルの力なのか

石鹸の力なのか

定かではないです。(←オイ(≧ε≦o)!!)

 

ただ一つだけ言えることは(≧◯≦)!!

 

アイライナー、オリーブオイルでクルクルやっても

中々落ちなかったから

無意識に力が入ってこすりすぎちゃって

ちょっと痛いよ(´・ω・`)

 

やっぱり濃くなりがちな目元は

ポイントメイククレンジング剤を使うのが良いね(。-`ω-)

 

パッチテストをやりましょう!

植物オイルクレンジングをする際は

念のため、腕などに塗って

パッチテストをすることをおススメします☆

 

まとめ

乾燥肌に、できるだけダメージを与えずメイクを落とすには

やはりウォータープルーフのメイクは避け

できるだけ薄いメイクを心がけた方が良いです。

どうしても、しっかりメイクをしなければならない日は

植物オイルで落とせるメイクは植物オイルを使い

植物オイルでは落とせないメイクは

洗浄力のあるクレンジング剤で

サッと短時間に落とすと、肌への負担も軽くなるかと思います。

 

肌へのダメージを減らすことで

少しづつ肌質は改善していきますので

できる事から少しづつ取り組んでいきましょう(*´∇`*)

 

おわり♪

 

ブログランキングに参加しています☆

今回の記事がお役に立てましたら、クリックをお願いいたしますm(__)m

(どぅか役立てていますように(/ω\))


スキンケア ブログランキングへ




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ