ジェル日焼け止めと乳液日焼け止め 効果が高いのは?

液体の日焼け止めにはジェルタイプと乳液タイプがありますね。

実はこの2つ、日焼け止め効果に違いがあります。

今回は、どちらが日焼け止め効果が高いのかと

購入する際に見分けるポイントを簡単にご紹介します☆

日焼け止めの特徴

日焼け止めに含まれる紫外線カット剤は2種類あります。

紫外線を吸収し、エネルギーなどに変換する紫外線吸収剤

紫外線をはね返す紫外線散乱剤

 

吸収剤は透明な成分なのに対し、散乱剤は白いです。

なので、ジェルタイプ日焼け止めに配合される紫外線カット剤は吸収剤のみ

乳液タイプ日焼け止めには吸収剤と散乱剤の両方が配合されています。

 

日焼け止め効果が高いのは

断然、乳液タイプです。

スポンサーリンク

吸収剤よりも散乱剤の方が紫外線カット力や効果維持力が高いです。

そのため、散乱剤と吸収剤の両方が配合されている乳液タイプの日焼け止めの方が

効果が高いと言えます。

 

☆マメ知識☆

吸収剤と散乱剤の配合比率により日焼け止め液の状態が変わります。

透明なものは吸収剤のみ

乳液タイプだけどスルスル伸びて塗りやすいのは、吸収剤多めの散乱剤少なめ

白くて伸びにくく、きしみやすいのは、吸収剤少なめの散乱剤多め

です☆

 

吸収剤は肌に刺激を感じることもあるため

敏感肌さん用に、散乱剤のみ配合された物もあります。

ノンケミカルと書かれているものです♪

ノンケミカル処方とか、ノンケミカル日焼け止めとか♪

 

購入する際の見分け方

簡単な方法としてまず、液の見た目で判断することができます。

乳液やジェルなど♪

他にも、成分表示に『酸化亜鉛』や『酸化チタン』と記載されているものは

散乱剤が配合された日焼け止めになります。

 

日焼け止めを購入する際にチェックしてみてください♪

 

☆雑記☆

昨日は幼稚園のプレに行ってきました♪

今までのプレでは、出席確認で名前を呼ばれても上手くお返事ができなかった息子。

前日の夜に何度も練習しました!

私:『○○ ○○くん!』

息子:手を挙げる

私:『そうそう、”はーい”って言ってね』

 

私:『○○ ○○くん!』

息子:両手を挙げる

私:『う・・うん、”はーい”って言ってね』

 

私:『○○ ○○くん!』

息子:手を挙げて『はーい』

私:『そうそう、上手!』

 

みたいなやり取りを何度も繰り返しましたw

当日、出席確認が始まりました!

 

先生:『男の子の名前から呼びます。△△ △△くん!』

息子:両手を挙げる

私:『違う!違う!○○(息子の名前)じゃないよ;』

 

その後も全員の名前に両手を挙げようとしていました(;´∀`)

まだまだ練習が必要だねヽ(´▽`;)ノ

 

プレで作ったカエルさん♪


ガソリンスタンドの洗車を見るのが好きな息子。

カエルさんに消防車を入れて『あらってるのー!』だってw


いいよ いいいよ!息子らしいよ!その自由な感じ○´艸`) 

 

でもイヤイヤ期の自我が過去最高に達しているこの時期に

プレに連れて行くのは中々ヘビーだよー(∩´∀`)∩

数か月前まで”おとなしい男の子”って感じだったのに

その面影はどこへやら。。。

幼稚園でやんちゃ野郎に見えてないか ちょっと心配だよー(;´∀`)

早くイヤイヤ期が落ち着きますようにぃ( ;∀;)

 

ブログランキングに参加しています。

呼んだよ☆のしるしにそれぞれ

クリックして頂けると嬉しいです(o^-^o)

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ