2歳子連れ箱根旅行☆1日目の観光その1 箱根ガラスの森美術館

箱根旅行 移動編は『コチラ』です。

無事 箱根キャリーサービスで荷物を預けて身軽になったら

いざ、観光です!

 

・・・の前に昼食です!

箱根湯本で昼食

今回の旅行ではご飯屋さんのリサーチは

ほぼ していません(;´∀`)

ガイドブックをペラペラ眺めたくらい…;

 

箱根は観光地ということもあり

行きたいお店をリサーチして訪れても

もし 激混みだったら2歳児が黙ってないだろうなぁ(θдθ`) 

 

なんて考えたので、ご飯屋さんに関しては

よく言えば臨機応変に対応!

違う言い方で言えば事なかれ主義!

長い物には巻かれよ的な。違うか。

 

荷物を預けたり なんだかんだしていたら時刻は11時半頃。

このまま箱根湯本で昼食をとることにしました。

スポンサーリンク

プラプラ歩きながら

良さげな感じで、かつ空いてそうなお店を探し

駅前の『そば処 治兵衛』に入りました。

店構えは いい感じ♪

 

 この日は平日の金曜日で、時間もお昼前だったためか

すんなり入れて、畳のお席に通して頂きました。

 

主人と私は 普通の白っぽいお蕎麦の天ざる

お義母さんは 8割?9割?(忘れました;)の蕎麦の天ざるを注文。

 

さほど待つこともなく運ばれてきたー♪

 

息子にも私の蕎麦を分けて・・・

みんなで『いただきます♪』

 

したけど、息子 食べない。

ホント食が細い。

コレは想定内。

お腹が空けば 食べるでしょ♪

YouTube見せて放置。の間に大人は食べる!

 

するとお義母さんが

『これホントに9割蕎麦?そんな感じがしないなぁ』と。

 

見た目はちゃんと9割蕎麦なんです。

私と主人が頼んだ白っぽい蕎麦とは全然違う。

 

主人と私 お義母さんの蕎麦を少し食べて・・・

『こっちの白いのと違いが分からないね(笑)』

 

見た目は全然違うのに、味の違いがいまいち・・・;

 

席や雰囲気は良かったので、それで良しということにしました(笑)

 

昼食もしっかり食べて、いよいよ観光です☆

箱根ガラスの森美術館へ

箱根湯本駅から箱根登山バスに乗り約25分くらい?

で行けました。

箱根登山バスの詳細はコチラ☆

フリーパスを運転手さんに見せるとタダ♪

 

バスは くねくねした山道を走っていきます。

酔いやすい方は酔い止めがあると心強いです;

箱根ガラスの森美術館に到着☆


入口にキラキラ光る木が!

ガラスが太陽の光に反射してキラキラ輝いています。

昼間なのに まるでイルミネーションみたいに綺麗でした(*´∇`*)


入館~!

・・・する前に ちょっと入口横のお手洗いへ;

 

トイレに生花が(*´∇`*)カワイイ


造花はよく見かけるけど 生花は珍しいなぁ。

生花があると しっかり清掃やお手入れが行き届いている感じがして

気持ちがいいです♪

 

スッキリ・サッパリ・いい気分~で入館♪

入ってすぐに綺麗なものが!


キラキラ綺麗で息子も食いついております(笑)

 

水の音が心地いいです。

 


パパ『手をつないで』

息子『やぁだ』

パパ・ばばちゃん『危ないよ!落ちるよ!手をつないで』

息子 渋々手をつなぐ。

私 (笑)

 

ガラスで できた大きなゲートみたいなものが!


太陽の光がキラキラ反射して とっても綺麗なのに

引きで全体の写真を撮ったら全然伝わらない(笑)

 

アップにしてみよう。


こんな小さいガラスが たくさん付いてて

とっても綺麗です!

 

他にも ガラスの風船☆


 

こっちもガラスの風船と噴水と

・・・壁画?


他にもキラキラ光る木にガラスの風船☆

とっても綺麗!


他にもこんなのも。

すっごく綺麗なんです!

・・・なのに寄りで撮ったら伝わらない(笑)


 

噴水では息子がパチャパチャ。


暑いから冷たいお水が気持ちいいね○´艸`) 

 

ガラスの森美術館を たっぷり堪能して次の目的地へ移動することに。

次は観光施設めぐりバス。

 

バス停でバスが来るまでちょっと休憩。

息子、そこ多分 座る所じゃないと思うよ(笑)


コレ↑ 高さ的に丁度良かったんでしょうね。

横のベンチには目もくれず、何のためらいもなく この石に座ってました。

 

その姿があまりに しっくりきてて

お母さん笑っちゃったよ(笑)

 

続きはまた書きます☆

 

ブログランキングに参加しています。

呼んだよ☆のしるしにそれぞれ

クリックして頂けると嬉しいです(o^-^o)

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ