美白成分ハイドロキノンの特徴と注意点と配合されている化粧品

美白化粧品に配合される成分として、ビタミンC誘導体など

色々な成分を目にしますね。

中でも、美白成分の長い歴史の中では比較的新しく

美白効果が高いとして人気を集めている美白成分があります。

 

それが、ハイドロキノンです。

ハイドロキノンという成分は古くから存在しますが、化粧品に配合できる成分 美白成分として使われるようになってからは歴史が浅く、美白成分の中では新しい成分という括りにしています。

今回は、ハイドロキノンの特徴や注意点、

配合されている化粧品をご紹介いたします♪

ハイドロキノンの特徴

この美白成分の特徴を簡単にご説明します。

  • シミの予防に加え、できたシミにも作用するため肌の漂白剤と呼ばれることも

  • ビタミンC誘導体やプラセンタの10~100倍の高い美白効果がある

  • 2001年から化粧品への配合が可能になった成分で、

    それ以前は病院などで医師の許可がないと使用できない成分だったこともあり

    副作用に注意が必要

 

ハイドロキノンは美白効果が高いため、

その部分をアピールして売り出している商品も多数ありますが

化粧品として配合されるようになってからの歴史が浅いため

使用には注意が必要です(≧◯≦)

 

また、効果は高いけど酸化しやすく不安定という性質もあります。

そのため、ハイドロキノンをまねた『ハイドロキノン誘導体(アルブチンなど)』

という美白成分も開発されています。

アルブチンに関する記事はまた別途作成します☆

スポンサーリンク

使用上の注意点

  • ハイドロキノン使用中はUV対策をしっかりすること

    ハイドロキノンは紫外線を浴びると、肌に刺激のある成分に変わります。

    肌トラブルを避けるためにも、日中に使用する際は日焼け止めを塗るなどのUV対策が大切です。

  • 開封後は早めに使い切る

    ハイドロキノンはとっても酸化しやすい成分なので

    開封後は冷暗所で保管し、1か月程度で使い切ることが望ましいです。

  • 高濃度・長期使用は要注意

    濃度が高いものや、長期間の使用は肌への負担が大きくなり白斑ができることもあります。

    ハイドロキノンは効果が高い分、副作用のリスクも高いため使用には注意が必要です。

 

私の個人的な考えですが

ハイドロキノンは紫外線を浴びた時の反応が特にこわいので

日を浴びる日中よりも、夜に使用する方が良いかなと思います(/ω\)

それから、少しでも刺激や異常を感じたら

すぐに使用はストップしましょう。

 

配合されている化粧品

ハイドロキノンが配合されている化粧品をご紹介いたします♪

 

 

 

☆雑記☆

外出するときに私がマスクをつけると

”自分もつけたい~!”と主張してくる息子。

買い物中にたままたま見つけた子供用マスクをつけてあげると

大喜びでずーっとつけています。

つけていると言うか・・・ズレていますww


子供用マスクがまだブカブカ○´艸`) 

なぜかこのスタイルがお気に入り。

『マスクはファッション!』と言わんばかりww

そして使い捨てマスクを大事にオモチャ箱にしまい、翌日もまたつける。

もはや使い捨てではないww

いいよ、いいよ。もったいない精神だね。

物は大事に使おうね(´ー`)

 

ブログランキングに参加しています。

呼んだよ☆のしるしにそれぞれ

クリックして頂けると嬉しいです(o^-^o)

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へにほんブログ村

スキンケア ブログランキングへ

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ