ファンデが”春夏用”、”秋冬用”と分かれている理由

普段よく使うパウダーファンデーションは

”春夏用”、”秋冬用”などに

種類が分かれているかと思いますが

なぜ分ける必要があるのかご存知でしょうか?

その理由をファンデーションの特徴と併せて簡単にご紹介します☆

春夏用の特徴

春から夏にかけては気温と湿度が上がり

汗や皮脂が出やすい季節となります。

また、紫外線量も増えてきます。

そのため、春夏用のファンデーションには以下のような特徴があります。

  • ファンデーション粉体の表面をシリコーンなどでコーティングし

    水をはじく処理を施すことで汗などによる化粧崩れを防ぐ

  • 紫外線をカットする日焼け止め機能を持っている

  • 汗や皮脂でべたつくのを防ぐサラッとした使用感

スポンサーリンク

秋冬用の特徴

秋から冬にかけては気温と湿度が下がり

肌が乾燥しやすい季節となります。

そのため、秋冬用のファンデーションには以下のような特徴があります。

  • 保湿剤を配合し肌が乾燥しにくいよう処理を施すことで化粧崩れを防ぐ

  • つや感や、うるおい感が出やすいよう施したものが多い

  • 紫外線カット効果は最低限に抑えられている

 

他にも・・・

オールシーズン用というのもありますね。

これは1年を通して使えるようになっていますが

肌への馴染みや化粧もちなどは

やはり季節を考慮して作られた”春夏用”、”秋冬用”が勝ると思います。

 

とは言いつつ・・・私はオールシーズン用を使ってます○´艸`) 

毎日化粧をするわけではない為ファンデーションの減りが遅いのと、

メインで使っているアイテムはBBクリームで

ファンデーションはBBクリームの上に軽く乗せる程度なので

私にはオールシーズン用が丁度いいです♪

 

まとめ

パウダーファンデーションをメインで頻繁に使う場合は

季節ごとにファンデーションを分けることをおススメします。

その方がメイクの仕上がりや、もちが良くなるので♪

 

パウダーファンデーションがメインではなく

補佐的に使う場合はオールシーズン用で大丈夫かと思います♪

 

☆雑記☆

最近、このサイトの更新頻度が減ってきている気がします。

・・・いや、減ってきてますね。確実に(;・∀・)

 

毎日更新したい気持ちはやまやまなんです。

なのに・・・息子と寝落ちする日が増えてきているのですぅ(´・ω・`)

 

前は19時半に布団に入り息子を寝かしつけてから

記事を書くことを目標に行動していましたが

息子の体力がついてきたのか、今では19時半に眠る気配は全くなく

21時、22時と手こずります(/ω\)

それも、『寝たくない!』と大ダダこねてきます(θдθ`) 

 

それでそれで~日中の『お出かけしたいな~』という息子の要望に応えようと外出をすると

夕飯、お風呂が遅くなり私の体力も限界に近づき・・・

息子と一緒にノックダウンww

ちなみに、外出した日は夕飯がものすごく適当になります。

今日もセブンで生姜焼きとシュウマイを買ってきちゃったー;

一番被害を被っているのは主人かも(;´∀`)w

 

明日も朝から忙しくなりそうです(´・ω・`)

午前中は母子人生初の幼稚園  未就園児クラスへ。

ドッキ!ドッキ!ドッキ!(>ε<; )

午後は公文の体験教室へ。

先月ベビー公文を卒業しましたが、

母子ともに先生が大好きなので公文に移行しようか思案中。。。

 

そんなテンヤワンヤな毎日をイヤイヤ真っ盛りの2歳児と一緒に送っております。

明日も記事が書けるように頑張ろう(*´ω`)

 

絶賛イヤイヤ真っ盛りの息子~。


オモチャのパーツを頭にあてて

『うさぎ~♪』だってw

可愛いやつめぇ( *´艸`)

 

ブログランキングに参加しています。

呼んだよ☆のしるしにそれぞれ

クリックして頂けると嬉しいです(o^-^o)

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ