BBクリームとCCクリームの違い

似たような姿 形で販売されるBBクリームとCCクリーム。

何が違うの?

仕上がりの差は?

どっちがいいの?

など、選択に迷ったことはありませんか?

実は私、化粧品の勉強を始める前は違いが全然分かりませんでした(;”∀”)

今回はBBクリームとCCクリームの違いを簡単にご説明いたします♪

スポンサーリンク

BBクリームとは

BBとはブレミッシュ バルムの略称で

『傷んだ肌を修復する』という意味です

もともとは、ピーリングの発祥地 ドイツが作り出した物

ピーリング後のデリケートな肌を

紫外線などの刺激から守り、肌の炎症を抑え

赤みをカバーする保護クリームとして開発されました。

 

抗炎症効果の『甘草エキス』や、やけどの修復効果がある『アラントイン』

保湿効果がある『シア脂』が入っているのが特徴ですが

これらの成分が入っていないリキッドよりクリームっぽいファンデーションや

肌につやを与え、潤い効果のあるクリームタイプのファンデーションも

BBクリームとされています。

 

このように、ドイツで生まれたBBクリームに目をつけ

美容成分やUVケア成分を強化し

一般女性も使いやすいようアレンジしたのが

美容大国の韓国です。

その後、韓流ブームにのって日本にも流れてきました。

 

BBクリームの利点

何といってもその手軽さです。

美容成分や保湿成分、UVケア成分だけでなく

化粧下地やファンデーション、コンシーラーの役割が1つになった

オールインワン的なクリームです。

これ1つでOKというような

お手軽な要素が人気の理由とも言えます。

 

CCクリームとは

CCとはカラーコントロール(色を調整するクリーム)、

コンプリートコレクション(完全な補正)、

コンビネーションクリーム(組み合わせクリーム)など

メーカーによってその意味は様々です。

 

BBクリームは医療現場で作り出されましたが

CCクリームは化粧品メーカが作り出しました。

BBクリームとは違い、最初からメイクアイテムとして開発されたCCクリームは

BBクリームよりも軽い自然な仕上がりになります。

 

CCクリームの利点

基本的にベースメイクとしての役割はBBクリームと同じですが

CCクリームは美容効果だけでなく肌の色むらを消し

透明感のある肌に見せることができます。

ナチュラルメイクを作りたい場合に向いています。

 

まとめ

BBクリームとCCクリームは

それぞれ似たような役割を持っていますが

誕生した経緯が違うため、メイクの仕上がりも若干違います。

 

肌の赤みやニキビ跡など隠す、カバー力があるのはBBクリーム。

軽くてナチュラルな仕上がりになるのはCCクリーム。

 

仕上がりや使い心地の好みでBBとCCを使い分けるのもおススメですよ♪

 

 

☆雑記☆

先日、児童館の工作イベントに行きました♪

『早く行きたい!』と息子からお願いされ

イベント開始時間よりも早く到着~☆

2階のオモチャコーナでしばらく遊び

工作時間になったら1階の会場へ♪

 

それはもう楽しそうに遊ぶ息子。

連れてきてよかった~♪

工作イベントが無事に終わり、私は帰る気満々w

でも息子は新しく出されたオモチャに夢中で帰る気ゼロw

 

せっかく来たし、ちょっと遊ばせてあげよう!

と思い見守っていたけど・・・

息子、”ちょっと”じゃ全然満足しない(;´∀`)

結局、参加していた他の子達がみんな帰ったから

しぶしぶ自分も会場を出た感じw

 

『やっと帰れる~;』と安心し、息子と出口に向かいまいしたが

出口横の階段を駆け上がる息子。

『オモチャで遊ぶー!』と・・・。

 

マジかー( ;∀;)

 

また『はいはい。ちょっとだけよ』と付き合う事にしました。

そのちょっとが長かったー( ;∀;)

 

終始夢中!

キッチンのオモチャでお料理したり~


ヘリコプターを眺めたり~

それ、ここじゃなくてもできるでしょ(;”∀”)


ママの気分になってみたり~w


2階でたっぷり2時間、工作時間も合わせると3時間半も遊びました!

 

まさかこんなに児童館にいるとは思わなかったよ~∵ゞ(>ε<; )

子供が夢中になると、ホントすごいですね。。。

『お昼ごはん、いらない!』と言って遊び続ける息子;

ママはお腹ペコペコだったよぉ~ヽ(´▽`;)ノ

 

ブログランキングに参加しています。

呼んだよ☆のしるしにそれぞれ

クリックして頂けると嬉しいです(o^-^o)

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ