『泡立ちやすい洗顔料』が肌トラブルを招く!その原因は○○成分!

『たっぷりの泡で洗う』や

『もこもこ泡が簡単につくれる』など

泡立ちの良さをアピールした洗顔料はたくさんありますね。

たくさんのモコモコ泡で

顔を包み込むのって気持ちがいいですよね♪

 

ですが、泡立ちやすい洗顔料は

肌質によっては肌トラブルを招くこともあるので

注意が必要です。

スポンサーリンク

肌トラブルを招く原因

それは、洗浄成分です。

 

泡立ちやすい洗顔料には

泡を作りやすくするために

たくさんの洗浄成分

洗浄力の高い成分が配合されています。

 

このような洗浄成分は汚れや

皮脂を落とす力がとっても強いので

もともと水分や皮脂が少ない肌の場合は

乾燥を招くことがあります。

 

この肌質の方は要注意!

『泡立ちやすい洗顔料』を避けるべき肌質

それは、乾燥肌です。

 

これらの洗顔料は皮脂を洗い流す力が強いため

もともと水分や皮脂が少ない乾燥肌には

とっても負担が大きいのです。

 

泡立ちやすい洗顔料を使い続けると・・・

乾燥肌の方が洗浄力の高い

たっぷりのモコモコ泡で

毎日念入りに洗顔をし続けると・・・

 

もともと少なかった潤い成分が

どんどん洗い流されて

肌はさらに乾燥しやすい状態になります。

 

肌の乾燥が進むと、肌のキメも乱れて

肌色がくすみ、シワもできやすくなります。

さらに、乾燥により肌のバリア機能が低下すると

紫外線によるダメージでシミもできやすくなります。

 

肌に合った洗顔料を見極める事が大切

これらの肌トラブルを防ぐためにも

自分の肌に合った洗顔料を見極めることが

とっても大切です。

 

乾燥しやすい肌質の場合は

洗い上がりが”しっとり”する洗顔料がおススメです。

 

洗顔料には、洗顔フォームと洗顔石けんがあり

洗顔石けんの方が洗浄力が高いので

洗浄力を控えたい場合は

しっとりタイプの洗顔フォームがおススメです。

 

とは言え、普段から洗顔石けんを使っていて

『しっかり汚れを落とせる洗顔石けんの方が好き!』と

言われる方もいらっしゃるかと思います。

洗顔石けんを愛用される方へ☆

ここでは、洗顔石けんを愛用される方向けに

洗い上がりがしっとりしやすい洗顔石けんの選び方を

ご紹介します!

 

洗顔石けんには見た目が透明なタイプと

不透明なタイプに分かれます。

洗い上がりがしっとりしやすいのは

透明タイプです。

透明タイプには保湿成分がたっぷりと含まれ

水分配合量も不透明タイプより高めです。

 

大量生産には向かない『枠練り』

という製法で造られることが多く

価格はちょっと高めですが

洗い上がりの乾燥を防ぐには

断然このタイプがおススメです。

 

洗い上がりが”しっとり”しやすい石けんの

見分け方は他にも色々あり、

洗い上がり”しっとり”石けんの見分け方

にまとめていますので

良ければ参考にしてみて下さい♪

 

 

ちなみに、不透明タイプは

大量生産が可能な『機械練り』

という製法で作られることが多く

水分配合量は少な目です。

そして洗浄成分が多いので

ニキビ予防や脂性肌のお手入れ向きです。

 

まとめ

洗顔料は、配合成分によって

肌に大きな負担を与える場合があります。

自分の肌に合っているかを

しっかり見極めて洗顔料を選ぶと

肌トラブルはグッと少なくなりますよ☆

 

 

☆雑記☆

小さい子って、歯ブラシを

ガジガジ噛みませんか?

うちの子だけ??

 

おろしたての歯ブラシ、

息子に持たせていたら、一日でこうなっちゃったヽ(´ー`)ノ


毛束がグジャー!!

いつも割と安めの歯ブラシを買っているのですが

このとき『歯ブラシは100円以下の物を』と

改めて心に誓いました(笑)

 

最近、息子が溢れんばかりの愛情を注ぐお友達がいます。

それは、ミッキーちゃん。

毛束グジャーの歯ブラシで

ミッキーちゃんの歯磨きをしてあげたり(するフリ)

抱っこして一緒にテレビを見たり。

もちろん寝る時も一緒。


しっかり毛布も掛けてあげていました。

可愛い。癒される(*´∇`*)←親バカ出ちゃった!スミマセン(/ω\)

 

ブログランキングに参加しています。

呼んだよ☆のしるしにそれぞれ

クリックして頂けると嬉しいです(o^-^o)

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へにほんブログ村

スキンケア ブログランキングへ

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ